オスグット

このような症状でお悩みではないですか?

  • 膝の痛みでスポーツができない
  • 走る、膝を曲げると膝が痛む
  • 膝の痛みが軽くなるまで安静と言われた
  • 膝の痛みが繰り返す
  • 体が硬い

主な症状

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて痛みが出ます。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。サッカーやバスケットボールなど激しいスポーツをしている10代の小学生から高校生に多くみられます。

原因

◆10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールを蹴るスポーツをし過ぎると、発生します。
大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。
この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

◆小学生から高校生の間に多い怪我ということは、この年代の子ども達はまだ脛骨という骨が成長している時期で、成長軟骨の部分があります。その成長軟骨は成長しきった骨と比較すると、過度に引っ張られたりしてしまうと傷みやすく、更に骨も剥がれやすくなっています。ジャンプをしたりダッシュをしたり、膝の曲げ伸ばしをする度に太ももの筋肉が縮んで硬くなり、成長軟骨のところに引っ張る力が加わります。そうすると、成長軟骨は「傷みやすく、剥がれやすい」ため炎症が起き、痛みや症状として出てくるのです。更に運動を続けることで成長軟骨と呼ばれている、傷みやすい所に負担がかかりそれに耐えられず炎症を起こし痛みや症状が出るという事です。

◆根本的な原因は構造(姿勢)と機能(関節の動きや神経の働きなど)にあります。
姿勢が悪いから太ももの前の筋肉ばかり使いすぎてしまい、そこの筋肉が硬くなってしまうのです。姿勢が悪いことで筋肉のバランスが悪くなり、関節の柔軟性も失われ更に同じ所に負担がかかってしまい痛みや症状が出ます。

改善方法

当院では膝周りの硬くなっている筋肉をほぐして、背骨や骨盤の歪みを正す矯正、負担や痛みを減らしていくテーピング、炎症を抑えるアイシングや適切なストレッチ指導を行っております。

TEL:092-586-9378