猫背矯正

背中、丸まっていませんか?

コンピュータが一般家庭に広く普及してから20年ほどで、人類はさらに高性能なコンピュータを手で持ち運べる端末、スマートフォンとして使用しています。
「これで家でもどこでもなんでもできる!文明社会ばんざい!バンザイ!ばんざ、痛っっ!か、肩が挙がらない!?それに首と背中あたりも硬くなっている感じがして辛いな。」
現代病の代名詞といえば、猫背とストレートネックです。飲食店で、あるいは電車に乗っていてふとあたりを見回したらほとんどの人が下を向いて手元のスマホを見ていた、という経験、ありませんか?今これを読んでいるあなたも背中、丸まっていませんか?

猫背は首や肩のコリ、頭痛、眼精疲労、手にかけてのしびれ等々の症状に加えて、だらしなく見える、疲れているように見える等の見た目上の問題にも影響を与えます。
多くの人が猫背になってしまって、さらに姿勢を悪化させる生活習慣が身についてしまっているのに、それを改善するためにはどうしたらいいのか、正しい姿勢とはどういうものなのかを知っている人は圧倒的に少ないです。
姿勢にお悩みの皆さんの支えになりたいと思います。正しい姿勢を知って、美しい座り姿勢を身につけて、私たちと一緒に健康な身体を作り上げましょう。
心整骨院の猫背矯正は、世間一般で行われている骨をボキボキ鳴らしたり、機器を使ったりする猫背矯正ではなく、首や肩、肩甲骨のストレッチを中心とした体の負担を少なく首まわりを調整する『安心安全で体に優しい猫背調整』となります。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 肩こりがひどい
  • 背中のハリがきつい
  • 頭痛に悩んでいる
  • 腰痛がある
  • 見た目に元気がない
  • バストアップしたい

日本人に多い肩こり

日本人(黄色人種)以外の諸外国の方は、肩こりを感じる方が少なく、英語で「肩こり」と同等の意味を持つ単語はないようです。
この違いは何かというと、筋肉の量と頭の重みが関係しています。
人間の頭は大体6~7キロと重く、猫背姿勢で頭が身体より前に出た状態が続くと重たい頭を「首」「肩」「肩甲骨」周辺の体の後ろ側の筋肉だけで支えることになります。
当然、後ろ側の筋肉の負担が大きくなるので、その周りの筋肉はガチガチに硬くなり力が入り、血行が悪くなり肩こりとなります。
そうなると、酸素や栄養が十分に行きわたらなくなる為、硬く動きづらい上に痛みや辛さなどが出てきてしまいます。
それに比べて、筋肉や骨格が大きな諸外国の方々は、頭の重みに対して支えられるだけの筋肉量があるため肩こりになりにくいようです。

猫背と見た目の関係

鏡を見たときにふと自分の姿勢を見たときに、「元気なさそうに見えるなぁ」「最近、老け込んだなぁ」「体型が変わってきたなぁ」など思うことがありませんか?
猫背になると、見た目にも影響が出てきて、他人からもそう見られがちになります。
男性は、デスクワークやPC操作、運転が多いと前傾姿勢が長くなり、女性は日常生活の中で家事や育児が多いと前傾姿勢が長くなり、猫背が定着してしまいます。
そうなると、猫背が原因で「お腹がポッコリ」「背中に脂肪が付く」「お尻が垂れる」「バストが下がる」などの影響までも出てきます。
さらに、猫背により首や肩周辺の筋肉が硬くなることで頭部への血流が悪くなることで、栄養や酸素を運びづらくなり、肌荒れや目のクマ、シミ、そばかすも、猫背による血液循環の悪さが原因ということもあります。

TEL:092-586-9378